福祉施設サービスの有料老人ホーム - 有料老人ホームとは?

福祉施設サービスの有料老人ホーム

subpage01

福祉施設サービスの有料老人ホームにおけるリハビリテーションは、単に手足の運動訓練だけでなく、食事・排泄・着脱など日常生活の自立を維持するための働きかけが中心となっています。
理学療法士や作業療法士、福祉施設職員などによって、機能維持を目的としたリハビリテーションを行うことが大切です。


リハビリテーションは、入所者の日常生活の自立を促し、機能低下を予防する一つの方法です。


入居者本人が消極的な場合は生活全体を見直し、さらには本人を取り巻く環境などを再検討しなければ、効果的なリハビリテーションには繋がらないです。



有料老人ホームでは、要支援・要介護の認定を受けた入居者が個々の訪問リハビリテーションや通所リハビリテーション事業所と契約し、介護や福祉サービスを受けることが出来ます。

このような施設が特定施設入所者生活介護サービス事業者となった場合は、施設職員として配置されている理学療法士などの機能訓練指導員から、個別機能訓練計画書に基づいたサービスを受けることが出来ます。
有料老人ホームのリハビリテーションは生活の質の向上を目指すものともいえ、施設の生活のあらゆる場面でリハビリテーション的効果を試みていくことができます。



一度に全面的に行うのではなく、できるところから一つずつ取り組んでいくことが必要です。



本人の意思を尊重しながら進めることが大切ですが、生活機能低下の悪循環を防ぎ、生活機能向上の良循環を維持していくことが求められます。